小平市・東久留米市・東村山市の外装塗装なび
お得で安心!小平市・東久留米市・東村山市の外壁塗装業者を集めました
小平市・東久留米市・東村山市で評判のよい外壁塗装業者ランキング
HOME » はじめての外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装のタイミングって?

外壁塗装のタイミングって?

ここでは、外壁塗装を行う目安や時期について解説。外壁の劣化の兆候や、原因なども詳しく紹介しています。

外壁塗装のベストな時期を徹底検証!

外壁塗装は物件や立地、気候条件、使用している塗料にもよりますが、一般的には目安として10~15年で塗り替えを行うと良いと言われています。

放っておくと外壁内部の腐食やコンクリートの強度低下、雨漏りなど躯体構造に大きくも関わってくるので、定期的なメンテナンスを行うように心掛けたいもの。

外気、雨風などから外壁を守っている外壁塗装は、建物自体を長持ちさせる上で重要な役割を担っています。外壁のSOSのサインを見逃さずに、施工時期を見極めることが大切です!

ここでは、どのようなタイミングで外壁塗装を行えば良いのか、レベル別にまとめてみましたので、参考にして欲しいと思います。

あなたの家は大丈夫?劣化チェックシート

  • レベル1・・・塗膜のツヤがなくなり始める
  • レベル2・・・新築から5~6年も経つと、風雨や紫外線、排気ガスなどにより色が褪せて薄くなるので確認しておく
  • レベル3・・・外壁の表面に白い粉が吹くチョーキング現象という劣化が起こり始めたら、塗料の防水性が失われかけてダメージを受けやすいので、塗替え時期の第一段階!外壁に苔や藻が生えていたり、外壁の鉄部の部品のサビなども目安となるので要チェック
  • レベル4・・・クラックというひび割れが発生したら、建物自体にダメージが及び始めるので、早めの塗り替えが必要
  • レベル5・・・塗装の劣化により浸入した雨水が塗膜と下地の間に溜まり、塗料が剥がれたら、建物の強度を低下させてしまうので、早急な対策が必要

レベルを追うごとに修繕箇所も増えて、余計な費用が発生してしまいます。深刻な状態に陥らないためにも、レベル3あたりの症状が現れ始めたら、直ぐに対策を取るようにして欲しいと思います。

特にひび割れや雨漏りという症状がある場合は、かなり外壁の劣化が進んでしまっているので、日常的な点検と早めの対応が外壁維持の最大のポイントだと思います。

 
▲ページトップへ
小平市・東久留米市・東村山市の外壁塗装なび